· 

まっしぐら

 

この道は

 

 

いつかきた道

 

 

この先も

 

 

如何なる時も

 

 

ただ己が進んできた道を
ただ信じて進むだけ

 

 

何かを望むよりも

 

 

誰かに望むよりも

 

 

ただ己を信じて進むだけ

 

 

 

茨の道かもしれない

 

激流の呑み込まれるかもしれない

 

 

 

ただ、あなたは自分の方法があることを知っている

 

 

それを思い出して

 

その先を進んでいこうではないか